中央大学通信教育部(法学部)行政法試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数946
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 行政行為とはどのような行為か。これはどのような効力が認められるか。また、行政行為に瑕疵があった場合に、どのような効果が生じるか。実定法制度とも関連させて考察しなさい。
    2. 行政裁量の意義及びその法的統制基準について論じなさい。(行政活動に裁量性が認められるとき、これが適法に行われるためには、どのような観点に注意しなければならないか。)
    3. 公権力の行使にはどのような特色があるか、また、それはどのような実定法規定と関係しているか、さらにそれは理論上、行政行為の効力としてどのように展開されているか、論じなさい。(行政法関係における公権力の行使の意味とこれを支える実定法制度について。)
    4. 行政が活動するときは、必ず相手方や利害関係人から、口頭で意見を聴取してから行わなければならないか。
    5. 非権力的行政活動に関する行政法的諸問題について述べなさい。(非権力的な行政活動にはどのようなものがあるか、また、その法的問題はどのようなところにあるか、論じなさい。)
    6. 個人は、自分の法的利益をどのような方法で行政主体に対して主張できるか。違法に権利利益侵害を受けた場合と、より積極的に自己にとって利益となる行政活動を求める場合について分けて論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 行政行為とはどのような行為か。これはどのような効力が認められるか。また、行政行為に瑕疵があった場合に、どのような効果が生じるか。実定法制度とも関連させて考察しなさい。(2010年6回)。
    2. 行政裁量の意義及びその法的統制基準について論じなさい。(行政活動に裁量性が認められるとき、これが適法に行われるためには、どのような観点に注意しなければならないか。)(2010年5回)。
    3. 公権力の行使にはどのような特色があるか、また、それはどのような実定法規定と関係しているか、さらにそれは理論上、行政行為の効力としてどのように展開されているか、論じなさい。(行政法関係における公権力の行使の意味とこれを支える実定法制度について。)(2010年4回)。
    4. 行政が活動するときは、必ず相手方や利害関係人から、口頭で意見を聴取してから行わなければならないか。(2010年4回)
    5. 非権力的行政活動に関する行政法的諸問題について述べなさい。(非権力的な行政活動にはどのようなものがあるか、また、その法的問題はどのようなところにあるか、論じなさい。)(2010年3回)。
    6. 個人は、自分の法的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。