中央大学通信教育 法学部 刑法各論 試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数1,329
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1. 人の始期と終期について論ぜよ。
    2. 臓器移植法との関係において、人の終期について検討せよ。
    3. 夫甲は、妻乙に不貞があったと邪推し、乙に暴行・強迫を加え、困惑した乙が自殺しそうな気配を示したのを知りながら、さらに暴行・強迫を繰り返したところ、思い余った乙は遂に自殺するにいたった。甲の罪責を論じよ。
    4. 甲は、乙をからかうつもりで、冗談に、「人生に希望を失った。いっそ殺してくれよ」といったところ乙は真にうけて首を締めて殺した。乙の罪責はどうか。
    5. 甲は、追死の意思がまったくないのに、これを装って乙女を欺き、甲も追死するものと誤信させ、同女を自殺するにいたらせた。甲の罪責を記せ。
    6. 甲は追死するものと誤信させて、乙の承諾を得て突き落とし死亡させようとしたが、乙が助かった。甲の罪責を論ぜよ。
    7. 甲は乙と無理心中を企て、乙に毒入りの酒を飲ませて殺そうとしたが、実は乙も死を決意しており、毒を飲んだが死には至らなかった。甲の罪責を論ぜよ。
    8. 甲は乙女にいやがらせのため、いたずら電話をかけ、かつ、甲は乙の子供丙女に近づき、頭髪を切除したところ、誤ってハサミが頭部に傷害を負わせた。その後乙女は心的外傷後ストレス障害を発症した。頭髪の切除に関する反対説にたった場合にも言及しつつ、甲の罪責を論ぜよ。
    9. 胎児性傷害について論ぜよ。
    10. 甲は、乙女に暴行を加えたところ、乙女に傷害を負わせ、同時に、甲は知らなかったが、乙女は妊娠中であったことから、その暴行によって乙女に早産を引き起こし、生まれた子供丙を二日後に死亡させた。
    11. 「傷害」の故意について検討せよ(論ぜよ)。
    12. 刑法第207条の法意について論ぜよ。
    13. 甲がXに暴行を加えていたところ、あとからやってきた乙が甲と意思を通じて甲と一緒にXに暴行を加えた結果、Xに重傷を負わせた。甲と乙の罪責について、207条の意義について論じつつ、これを論ぜよ。
    14. 遺棄の概念について論ぜよ。
    15. 住居侵入罪の保護法益を論ぜよ。
    16. 甲は大学内に違法に看板を立てかけようとして警備員の黙認のもとに他の者と休日の大学構内へ入った。甲の罪責を論ぜよ。
    17. 労働争議の一環として、同僚である宿直員の黙認のもと勤務時間終了後に郵便局内に立ち入り、印刷物を貼り付けた。Aの罪責を論ぜよ。
    18. 名誉毀損罪の保護法益について論ぜよ。
    19. 入念な裏付け調査を経たが、名誉毀損で起訴された法的の審議の過程では、真実性が照明できなかった場合の罪責を論ぜよ。
    20. 業務妨害罪の「業務」と公務執行妨害罪の「公務」の関係について論ぜよ。
    21. 威力業務妨害罪についてその成立要件を述べ、業務妨害罪に公務は含まれるかを論ぜよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中央大学 通信教育 法学部 刑法各論
    試験対策レジュメ
    1. 人の始期と終期について論ぜよ。
    2. 臓器移植法との関係において、人の終期について検討せよ。
    3. 夫甲は、妻乙に不貞があったと邪推し、乙に暴行・強迫を加え、困惑した乙が自殺しそうな気配を示したのを知りながら、さらに暴行・強迫を繰り返したところ、思い余った乙は遂に自殺するにいたった。甲の罪責を論じよ。
    4. 甲は、乙をからかうつもりで、冗談に、「人生に希望を失った。いっそ殺してくれよ」といったところ乙は真にうけて首を締めて殺した。乙の罪責はどうか。
    5. 甲は、追死の意思がまったくないのに、これを装って乙女を欺き、甲も追死するものと誤信させ、同女を自殺するにいたらせた。甲の罪責を記せ。
    6. 甲は追死するものと誤信させて、乙の承諾を得て突き落とし死亡させようとしたが、乙が助かった。甲の罪責を論ぜよ。
    7. 甲は乙と無理心中を企て、乙に毒入りの酒を飲ませて殺そうとしたが、実は乙も死を決意しており、毒を飲んだが死には至らなかった。甲の罪責を論ぜよ。
    8. 甲は乙女にいやがらせのため、いたずら電話をかけ、かつ、甲は乙の子供丙女に近..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。