【無料公開】中央大学通信教育部法学部「知的財産法」合格レポート2011年第1課題第2課題セット

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数26
閲覧数485
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第1課題
     (1)特許権と著作権(著作財産権)を比較して、それぞれの権利侵害訴訟において両者の権利範囲(保護範囲)の認定の手法がどのように違うかを説明しなさい。説明する際、必ず「依拠」の語を含むこと。
    (2)なぜ、(1)のような違いが生じたのか説明しなさい。
    第2課題
     特許出願において、特許明細書の提出を義務づけられる理由を説明しなさい。 第1課題
    1.特許権と著作権は、知的創作物に与えられる知的財産権を保護する権利としては同じであるが、特許権が、アイディアという発想そのものを保護の対象にするのに対し、著作権はそのアイディアの表現を保護の対象とする。そして、著作権は学術・美術・音楽・文芸にその範囲を限定している為、特許権と著作権が重複する分野は少ない。以下では、両者の権利範囲の認定の違いを考察する。
    2.特許権侵害の認定
     特許制度においては、特許発明の技術的範囲に属する技術を無断実施すると権利侵害になる。
    まず、特許発明の技術的範囲は、特許請求の範囲の記載に基づいて認定されるのが原則である(特許法70条1項)。
    ただし、特許請求の範囲に記載された用語の意味が不明確であったり、誤記が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。