【無料公開】中央大学通信教育部法学部「行政法1」合格レポート2011年第1課題第2課題第3課題第4課題セット

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数58
閲覧数603
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第1課題
    行政法関係には、権力的な関係と非権力的関係があると言われている。権力的な関係はどのような特色をもっているか。非権力的な関係と対比して、実定法(訴訟制度、強制制度等)との関係を考慮しつつ検討しなさい。
    第2課題
     行政行為とはどのような行為か。これにはどのような効力が認められるか。また行政行為に瑕疵があったときには、どのような効力が生じるか。実定法制度とも関連させて検討しなさい。
    第3課題
     行政活動に裁量が認められるとき、たんに当・不当の問題が生ずるのみか。それとも違法と判断される場合もあるか。違法と判断される場合があるとすれば、それはどのような場合か。
    第4課題
     行政活動は、どのような手続制約に服することになるか。許認可をする場合の手続、不利益処分をするときの手続に分けて論じなさい(単に、行政手続法を書き写すだけでなく、判例の動向をもふまえて解答しなさい)。 第1課題
    1.行政法関係における権力的な関係とは、権力的特殊性が認められる行政上の法関係をいう。他方、非権力的な関係とは、権力的特殊性によらない行政上の法関係をいう。
    行政活動には、何らかの公共性が認められるべきとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。