中央大学通信教育部法学部「憲法」合格レポート2010年第1課題第2課題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数26
閲覧数225
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
     日本国憲法は、政教分離原則を定めている(20条3項・1項、89条)。政教分離について、つぎのA、Bの問題に答えなさい。
    A 津地鎮祭事件とは、どのような事件か。最高裁は、この事件に対してどのような判断を示したか。
    B 政教分離について最高裁の判決には、このほかにどのようなものがあるか。いくつかの例を挙げて、事件と判決の内容を説明しなさい。
    第2課題
     憲法は、「検閲は、これをしてはならない。」(21条2項前段)として、検閲の禁止を定める。
    A 「検閲」とはいかなるものか。それがこのようなかたちで明示的に規定されるのはなぜか。
    B つぎの事案において、それぞれ検閲の禁止が問題にされている。それぞれの事案について最高裁の判断を示し、これを論評しなさい。
    ①輸入書籍など税関検査にかかる事件(最大判昭和59年12月12日)
    ②北方ジャーナル事件(最大判昭和61年6月11日)
    ③教科書検定事件(最判平成5年3月16日)
    ④NHK政見放送一部削除事件(最判平成2年4月17日) 第1課題
    政教分離原則は、憲法20条1項後段、同20条3項、同89条において規定されているが、政教分離という言..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。