【無料公開】中央大学通信教育部法学部「刑法1(総論)」合格レポート2010年第2課題第3課題セット

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数23
閲覧数675
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第2課題
     Aは暴力団組長であるが、けん銃を所持する子分B、C2人のボディガードに常時警護されていた。某日、車で走行中警察官に停止を求められ、捜索差押許可状による捜索差押えを受け、B、Cはけん銃を押収され、銃砲刀剣類所持等取締法3条違反で現行犯逮捕された。B、Cが警護のため常時けん銃を所持していたことをAは概括的とはいえ確定的に認識しており、そのような警護をむしろ当然のこととして受け入れ、認容し、B、CもAのこのような意思を察していた。A、B、Cの刑事責任について論ぜよ。
    第3課題
     Aは、殺人の故意でBに対して発砲したところ、弾はBの肩を貫通し、Bに障害を負わせ、さらにたまたま通りかかったCに命中し、Cを死亡させた。Aの罪責を論ぜよ。
    第2課題
    1.刑法60条は、犯罪実行行為の一部のみを担当した者も正犯とする旨規定しており、本問において、AがB、Cの銃砲刀剣類所持等取締法3条違反につき、その行為の一部を担当している正犯といえるかどうかが問題となる。
    2. 共謀共同正犯
     一部のみを担当した者も当該犯罪全体について刑事責任を負うこと(一部実行・全部責任の原則)が認められる根拠は以下のよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。