【無料公開】中央大学通信教育部法学部「民法4(債権各論)」合格レポート2010年第1課題第2課題第3課題第4課題セット

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数41
閲覧数556
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第1課題
    所有権留保売買、他人の物の売買および二重売買の諸ケースにつき、生ずるであろう危険負担(民法534条以下)の問題とその解決を論じなさい。
    第2課題
     付随的債務の不履行を理由に契約を解除することが出来るかどうか論じなさい。
    第3課題
     建築請負契約において完成した建物の所有権は、完成時において注文者・請負人のいずれに帰属するかを論じなさい。
    第4課題
     錯誤によって和解の効力はいかなる影響を受けるのかを論じなさい。 第1課題
    1.危険負担の問題とは、双務契約において、各債務が完全に履行される前に、一方の債務が債務者の責めに帰することが出来ない事由によって履行不能となり消滅した場合に、他方の債務もまた消滅するかという問題をいう。
    危険負担の問題において、他方の債務もまた消滅するとする立法主義を債務者主義といい、他方の債務は存続するという立法主義を債権者主義という。
     民法は536条1項において債務者主義を原則としている。これは、双務契約における存続上の牽連性を認める必要があるからである。
     例外として、以下の場合は、債権者主義が適用される。①特定物に関する物件の設定又は移転を目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。