S0534 教育相談の研究<A判定レポート>2010年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数246
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」
     今日、学校でのいじめ、不登校、非行などの問題が深刻化しており、個々に悩みを抱える子どもたちも年々増え続け、その問題も非常に複雑である。こうしたことから、個々の子どもたちを理解し、その個性を尊重しながら教育を行うために、より深い子どもたちの心の理解が必要である。このように、今日の学校教育では、教育的かかわりだけでなく、カウンセリング的かかわりの必要性が強調されてきている。
     カウンセリングとは、悩みを抱えた人に対してその悩みを聴き、どのように対処するかを考え、最終的にはその悩みを解消するように働きかけることである。
     「学校カウンセリング」とは、一般的に学校で行われるカウンセリングのことであり、児童・生徒一人ひとり
    の問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましい在り方について助言指導することである。カウンセリングには大きく分けて2種類ある。一つは「治療的カウンセリング」といい、専門的な知識や技術を使って、患者の症状や病気を治療する方法である。その対象は、主に神経症の患者であり、具体的な方法は精神分析的カ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。