行動療法の技法について 臨床心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数527
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    系統的脱感作法
    系統的脱感作法とは、南アフリカのウォルピによって開発された技法である。特に効果があるものは、まず、神経症の領域では、子どもの登校拒否、摂食障害、対人恐怖症などの恐怖神経症、不安神経症、強迫神経症、ヒステリー、心気神経症などに用いられている。次に、発達障害の領域では、幼児自閉症、知的障害(精神遅滞)、学習障害などの医学的治療や治療教育に応用されています。習癖異常の領域では、アルコール依存、薬物依存、ギャンブル依存、過食症、異常性愛行動などの治療に用いられ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動療法の技法について
    系統的脱感作法
    系統的脱感作法とは、南アフリカのウォルピによって開発された技法である。特に効果があるものは、まず、神経症の領域では、子どもの登校拒否、摂食障害、対人恐怖症などの恐怖神経症、不安神経症、強迫神経症、ヒステリー、心気神経症などに用いられている。次に、発達障害の領域では、幼児自閉症、知的障害(精神遅滞)、学習障害などの医学的治療や治療教育に応用されています。習癖異常の領域では、アルコール依存、薬物依存、ギャンブル依存、過食症、異常性愛行動などの治療に用いられている。さらに、非行、盗癖などの反社会的行動の治療にも応用される。
    ウォルピは,軍医として戦争神経症の患者を治療していたが,彼が当初考えていた精神分析的な理解の仕方では説明できない多くの恐怖症の症例を体験した。
    彼は、神経症とは不安が引き起こされる状況で作り上げられた持続的な不適応行動の習慣と考えた。
     この技法は、古典的条件付けの理論を応用して開発された。古典的条件付けの消去の方法を用いたものである。反応の消去は、まずその反応を維持している強化子を除去することである。強固に確立した反応は消去の手続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。