発達心理学 臨床心理学 各発達段階ごとの臨床事例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数403
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    乳児期
    A児 1歳8ヶ月 女児
    [生育暦]40週で出生。体重2650g、

    来談までの経緯
     家の中にいても、本児は片時も離れず、思うように家事がはかどらない。また、昼寝も眠りが浅く、ちょっとした物音でもすぐに起きてしまうので、静かにしていなければならない。子ども体操教室に行ったところ、泣いて母親から離れず、他児との違いを心配して相談に来た。
     母親から片時も離れられない子どもの相談で来所したケースであったが、母親の話を聞くうちに、家庭では、夫の暴力があることが分かった。父親は母親に対してのみ暴力を振るったが、母親はそのことで精神的に不安になり、その結果、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達心理学 各発達段階ごとの臨床事例
    乳児期
    A児 1歳8ヶ月 女児
    [生育暦]40週で出生。体重2650g、
    来談までの経緯
     家の中にいても、本児は片時も離れず、思うように家事がはかどらない。また、昼寝も眠りが浅く、ちょっとした物音でもすぐに起きてしまうので、静かにしていなければならない。子ども体操教室に行ったところ、泣いて母親から離れず、他児との違いを心配して相談に来た。
     母親から片時も離れられない子どもの相談で来所したケースであったが、母親の話を聞くうちに、家庭では、夫の暴力があることが分かった。父親は母親に対してのみ暴力を振るったが、母親はそのことで精神的に不安になり、その結果、子どもへも大きな影響を及ぼしていた。
     この両親は、大学時代に知り合い、社会人になってから結婚した。恋愛時代は、短気な性格の彼氏という感じであったが、暴力は全くなかった。しいて言えば格闘好きで、クラブ活動はボクシング部に所属していた。結婚後すぐに、自宅で暴力行為が始まった。些細なことでカッとして、ものを投げたり、言葉汚くののしったり、時には殴る、蹴るの行為もあった。ほとんど毎日けんかする両親の様子を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。