日大通信地方自治法分冊2合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数255
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    諸外国の公務員制度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      本レポートは各国の地方公務員制度について述べる。
    ①アメリカ
     独自の立法、司法、行政権を持っている州によって構成される連邦州をとっている。この州をもとに、広域自治体のカウンティ(郡)と基礎自治体のミュニシパリティ(市町村)、タウンシップ、学校区、特別区にわかれる。
    なお、カウンティは課税、徴税、医療、道路、小中学校、警察、検察等の事務を担っている。   
    アメリカの地方公務員は2005年3月の時点で1901万人いる。州の職員は508万人おり、公選職員、任命職員、一般職員に分けられる。また、郡や市の職員は1393万人おり、成績主義が適用されない非分類職(公選職、任命職)と成績主義の適用をうける分類職(除外職、非競争職、労働職、競争職)に分けられる。
     労働基本権については、州に決定権があるため、州毎に変わってくる。例えば、団体交渉権について、ニューヨーク州および州内の郡や市は全般的に認めているが、カリフォルニア州および州内の郡や市は認めてはいるものの、協約締結権に関しては認めていない。
     任用について、官職に空きまたは新規の官職が必要な場合、資格要件に適合する者に対して審査並びに試..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。