毒性学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数443
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    毒性学レポート  ナノマテリアルの利用について
    2010/07/26提出
    ▼ナノマテリアルとは
    ナノマテリアルとは、縦横奥行のうちいずれかが100nmを下回る大きさの物質のことを指す。粒子状、シート状、繊維状のものなど、様々な形状がある。現在使われているナノマテリアルおよび、応用が期待されるナノマテリアルの例を以下にまとめた。・プラチナナノコロイド(抗酸化作用)→健康食品、化粧品、抗胃腸炎薬・酸化チタン(紫外線遮断効果、殺菌作用、着色効果)→化粧品、食品添加物・酸化亜鉛(消炎鎮痛作用、紫外線遮断効果)→化粧品、顔料・シリカ(血液凝固作用)→カテーテルの部材・ヒドロキシアパタイト→歯科治療、人工骨・フラーレン(活性酸素除去、疎水性、DNA切断)→抗エイズ薬、抗C型肝炎薬、スポーツ用品・リポソーム→化粧品、抗がん剤を中心とした薬物のDDSへの利用 このように、ナノマテリアルは種類や使用される現場が多岐にわたり、大きな市場を形
     このように、ナノマテリアルの種類や利用される現場は多岐にわたり、大きな市場を形成している。今後の研究によりさらなる使用の拡大が予想される。
    ▼ナノマテリアルの危険性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。