生命情報薬学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数431
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    生命情報薬学レポート
    2010/06/10 提出
    分子生物学における「セントラルドグマ」について簡単に説明せよ。 生物を形作るもとになる遺伝情報の本体はDNAであり、細胞分裂時に複製されて全ての体細胞に保持されている。また、二本鎖であるDNAの一方が鋳型となりRNAに転写されたのち、これをもとにタンパク質が合成される。このことが分子生物学におけるセントラルドグマである。この過程は一方向に進行すると考えられてきたが、ウイルスの持つ逆転写酵素の発見によりRNAからDNAが合成される経路の存在も確認されている。
    コドン、リボソーム、mRNA、tRNA、rRNA、というキーワードを説明し、mRNA情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。