実践化学Ⅱ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数281
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    実践化学レポート                       
    赤外分光法
     赤外分光法とは測定対象の物質に赤外光を照射し、吸収の度合いの違いにより、対象物を同定する方法のことである。比較的少量の試料で測定ができる。
    分子は常に振動しており、その振動数と同一の振動数をもつ赤外光を当てると、エネルギーを吸収し、高エネルギー状態になる。この赤外光の吸収のピークの違いによって測定対象の構造や状態を知ることができる。吸収される光の振動数は、分子間の結合が強いほど大きくなる。
     フーリエ変換型赤外分光法を用いると、タンパク質中の官能器や高極性結合を詳しく調べることができる。タンパク質中のある種の分子群は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。