現代教養科目<前半>

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数236
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    平成22年度 現代教養科目「現代の生命倫理・法・経済を考える」
    レポート
    テーマ:「印象的なコミュニケーション場面の講義内容を踏まえた分析」
    講義担当教員:文学研究科 ○○○○教授
    提出日:平成22年5月27日
     講義の内容では、医療のコミュニケーションが包括するものとして価値観、個人としてのやる気や限界、施設から来る制約が主なものとして挙げられていた。これらの項目および、R・ヤコブソンの言語論の定義を踏まえて、私が実際に体験したコミュニケーション場面を分析したいと思う。
     私は薬剤師という医療従事者の立場を目指す学生でありながら、現状は社会においては患者の一人にすぎない。けれども日々の授業を通じて自然科学および医療科学に関する専門知識を習得することによって医療従事者以外の職種の多くの人々より医療従事者に近い立場であると認識しているということをはじめに述べておきたい。
    さて、私が定期的に通院している内科の病棟に入院しているとき、主治医および主治医のオーベンの診察を受けた際のエピソードについて述べる。普段の診察では主治医のみであるのに病棟回診には、主治医のオーベンも来られた。検査結果の説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。