現代教養科目<後半>

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数285
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    平成22年度 現代教養科目「現代の生命倫理・法・経済を考える」
    レポート
    テーマ:「化学物質により発生した環境問題」
    提出日:平成22年07月01日
    日本で発生した化学物質による環境問題 戦後の日本で発生した環境問題として、最も有名なものにメチル水銀による水俣病被害が知られている。アセトアルデヒド製造における副産物であるメチル水銀が、工場廃液として環境中に排出され続けた。有機水銀は生物濃縮によって生態系に影響を与え、さらには周辺住民に対してに対して重篤な健康被害をもたらした。有機水銀は通常環境中に微量含まれている無機水銀よりはるかに強い毒性を持ち、細胞を不可逆的に障害して四肢の感覚障害・ふるえ・しびれ、難聴、視野狭窄など主に神経系の中毒症状を有する症状を呈する水俣病の原因となった。 有機水銀のような化合物は環境中で分解されにくいため、ヘドロとなって海底に溜まり、海洋の汚染によって魚介類が減少・死滅する被害が発生した。また有機水銀には体蓄積性があるため、生物濃縮により多量の有機水銀を蓄積した魚を食べたネコの狂死が相次いで報告された。また原因究明の遅れから、大量のメチル水銀を含んだ魚介類を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。