健康情報学PBL

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数210
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    健康情報学レポート 課題番号2
    2010/07/16 提出
    まず初めに、課題番号2の日本の介護保険制度に関して現行の制度とSGDのレポートをまとめた。日本の介護保険制度は国及び地方自治体からの50%、第一号被保険者および第二号被保健者からの保険料50%を財源としており、2年サイクルで決算を行っている。要介護・要支援状態の被保険者は、在宅サービスおよび施設サービスを1割負担で受けることができ、残り9割は保険料によって賄われる。また一定以上の負担がある場合には、財源からの払い戻しがある。保険料は各地方自治体によって決定されているため財源負担の割合は人口構成や地方自治体の財政状況、介護施設の方針など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。