環境微生物学1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数210
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    世界における細菌性赤痢の死亡者数と発生地域
    環境微生物学レポート 提出日2010/04/19
    WHOが発表している世界の死亡原因別・国別死亡者数統計によると、世界では2004年に1,407,000人もの人がDiarrhoeal Diseases(下痢)によって亡くなっている。Diarrhoeal Diseasesとは主症状として下痢を訴える病気、特に感染症の総称である。病原菌の例としてはコレラ、赤痢菌、チフス、ジアルジア、ロタウイルスなどが挙げられる。統計に示された死亡者数のうち、細菌性赤痢による死亡者は約300,000人と、全体のおよそ2割を占め、そのほとんどが5歳以下の子供であるとされる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。