E班 アルキル化剤

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数13
閲覧数135
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    アルキル化剤
    抗がん剤の種類
    ・分子標的薬
    ・アルキル化剤
    ・代謝拮抗剤
    ・植物アルカロイド
    ・抗がん性抗生物質
    ・プラチナ製剤
    ・ホルモン剤
    ・生物学的応答調節剤
    アルキル化剤とは?
    ・最初の抗がん剤。1940代にリンパ腫に対しDNAをアルキル化するナイトロジェンマスタードを治療に用いた。
    ・さまざまながんに対して幅広く用いられている。
    ・増殖相にある細胞に対する作用が強い。
    ・投与法としては、注射、点滴、経口投与がある。
    ・濃度依存性の効果を示す。
    アルキル化剤とは?
    ~代表的なアルキル化剤~
    ・シクロホスファミド(エンドキサン、塩野義製薬)
    ・ニムスチン(ニドラン、第一三共)
    ・プロカルバジン(塩酸プロカルバジン、中外製薬)
    ・ダカルバジン(ダカルバジン、協和発酵工業)
    ・イホスファミド(イホマイド、塩野義製薬)
    ・テモゾロミド(テモダール、シェリング・ブラウ)
    ・ブスルファン(ブスルフェクス、キリンファーマ)
    ・メルファラン(アルケラン、グラクソ・スミスクライン)
    ・ラニムスチン(サイメリン、田辺三菱製薬)
    アルキル化剤とは?
    ~シクロホスファミド~
     現在、世界中で最もよく用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。