第Ⅰセメスター金1-1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数164
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    カンブリア紀の大爆発(Cambrian explosion)
     カンブリア紀の大爆発とは、古生代カンブリア紀(約5億4200万年前から5億3000万年前の間)に突如として今日見られる動物の門が出そろった現象である。先カンブリア時代については、化石から存在が確認されている生物種がわずか53種類であるのに対して、カンブリア紀においては約8100もの生物種が存在したとされている。これには無脊椎動物の中で最も高等とされる棘皮動物、また脊椎動物との類縁関係を示す種類も含まれている。一方で、現生生物との類縁関係が不明なものの化石も多く発見されている。
     カンブリア紀の大爆発の要因は、様々な観点から考えられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。