健康科学A-1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数205
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2008年6月24日(火)提出
    視野の逆転と運動
    Ⅰ.視野の上下逆転と運動
    Ⅱ.視野の左右逆転と運動
    実習実施日:2008年6月11日, 2008年6月18日
    Ⅰ.視野の上下逆転と運動
    <目的・テーマ>▼視覚座標と運動座標は厳密に対応している。プリズムを用いた上下逆転眼鏡を装着して座標空間と物理空間の上下方向の対応関係を逆転させた状態で、机上の作業を行ったときにどのようなことがおこるのかを知る。これにより運動が視覚によってどのようにコントロールされているのか、脳内で視覚の空間座標が運動の空間座標とどのように対応付けられているのかを考える。▼<方法>で示す課題1、課題2を行う際に、自分の作業を通じてまた他人の作業を観察して気付いたことを記録する。気付いたこと、図形上の線の軌跡、作業時間などをデータとして記録する。
    <方法>▼使用機器 上下逆転眼鏡:直角プリズム2個により垂直方向視野が逆転する        (視野角度:水平55度、垂直32度) 実習書・マーカーペン、ストップウォッチ▼課題 課題1:文字の認識     1)下の英文を上下逆転眼鏡なしで読む 2)上下逆転眼鏡を着用して読む 3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。