基礎実習レポート生物系(薬理・薬剤・微生)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数408
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    Ⅱ-2.1
    【結果】P388D1細胞をLPSで刺激し,産生されるTNF-αをバイオアッセイにより定量した.検量線を作成するために用いた各濃度におけるTNF-αの吸光度の値は,(TNF濃度[pg/mL],吸光度)=(1,0.785)(10,0.571)(100,0.459)(1000,0.549)(10000,0.452)であり,これを方対数グラフにプロットし,最小二乗法によって検量線を求めた.吸光度測定の結果を【グラフ1.1】に示す.検量線を用いて,検量線の範囲内に入る吸光度からTNF―α濃度を求め,希釈倍率を考慮して換算し,全ての平均を求めたところ,LPS刺激したものは27298[pg/mL],していないものは4149[pg/mL]のTNF-αが産生されたことが分かった.データは【表1.1】に示した.
    Y=-0.0688x+0.7008
    TNF-α濃度の計算結果のばらつきは大きいが,平均値に明らかな差があること,プレートに視認できる程度の色の変化があったこと,検量線の相関係数が小さいことを考慮して,LPS刺激によってTNF-αの産生が増加したと判断した.
    【考察課題】
    実験に用いる生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。