基礎実習レポート生物系(蛋白)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数11
閲覧数1,683
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    生物系基礎実習レポート
    Ⅰ-1 アミノ酸、糖、脂質の定性と定量
    Ⅰ-2 タンパク質の抽出と精製
    実験実施日
    Ⅰ-1 2010/07/08 Thu
    Ⅰ-2 2010/07/01 Thu ~ 2010/07/07 Wed
    提出日
    2010/08/19 Thu
    Ⅰ-1 アミノ酸、糖、脂質の定性と定量
    Ⅰ.目的
       様々な定性反応を通じて生体で重要な機能を有するタンパク質構成成分であるアミノ酸,糖,脂質(コレステロール)の基本的な諸性質を理解する.
    Ⅱ.手順と結果
    グリオキシル反応 ヒスチジン5mg/mL0.05NHCl溶液,フェニルアラニン5mg/mL0.05NHCl溶液,トリプトファン5mg/mL0.05NHCl溶液,チロシン5mg/mL0.05NHCl溶液,グリシン5mg/mL0.05NHCl溶液をそれぞれ2.0mLずつ各試験管に取り,それぞれに1.0mLの氷酢酸を加えてよく混ぜた.これに濃硫酸を静かに加えて界面での色の変化を観察した.ヒスチジン,フェニルアラニン,チロシン,グリシン溶液における界面は無色のまま変化はなかったが,トリプトファンの界面は紫色に呈色した.また,界面付近は黄色..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。