基礎実習レポート生物系(核酸)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数11
閲覧数635
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    生物系基礎実習レポート
    Ⅰ-3 核酸の分析
    実験実施日
    2010/07/09 Fri, 2010/07/14 Wed, 2010/07/15 Thu
    提出日
    2010/08/20 Fri
    Ⅰ-3.1 電気泳動法による核酸の解析
    Ⅰ.目的
      核酸研究の基本操作を習得する.臓器からのDNAの抽出を行い,吸光度による定量的解析,電気泳動による定性的解析を行う.また,得られた染色体DNAの制限酵素処理による影響を観察する.
    Ⅱ.操作
    重要な操作については()内に青字でその意義を示した.
    約50mgの肝組織をエッペンに取り,500μLのExtraction Bufferを加えた.(界面活性剤で生体膜成分である脂質を分解した)さらに40μLの20mg/mL Proteinase K を加えた.(細胞由来のRNA分解酵素など,サンプル中のタンパク質を分解した)十分にボルテックス(機械による振動で混液)した.Proteinase K の至適温度である55℃で20分間湯浴した.この際5分おきにボルテックスで混液した.次に,200μLの5M NaClを加えて2秒ボルテックスし,55℃で5分間水浴で反応さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。