基礎実習レポート環境系(毒性)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数354
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    考察Ⅱ-3.1
    1)フェノバルビタール(以下PB)の前投与ではアニリン水酸化活性が促進され(Welch’s t-test:α=005),アミノピリン脱メチル化活性については対照との有意差が認められなかった(Welch’s t-test:α=0.05).ただし平均値や他班に外れ値があったことを考慮して,2種の酵素反応の特異性は認められないと判断した.このことから,PBの前投与は肝薬物代謝酵素活性を非特異的に促進し,肝臓で代謝される他の薬物代謝を促進する可能性があると言える.
    2)四塩化炭素(以下CCl4)の前投与はアニリン水酸化活性を抑制し(Welch’s t-test:α=0.05),アミノピリン脱メチル化活性については対照との有意差が認められなかった(Welch’s t-test:α=0.05).ただし平均値や他班に外れ値があったことを考慮して,2種の酵素反応の特異性は認められないと判断した.このことから,CCl4の前投与は肝薬物代謝酵素活性を非特異的に抑制し,肝臓で代謝される他の薬物代謝を抑制する可能性があると言える.
    3)PBは30%が代謝を受けずに腎排泄される.残りの約70%が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。