基礎実習レポート環境系(応環)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数20
閲覧数631
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    環境・分析系実習レポート
    Ⅱ- 2 衛生試験法
    提出日
    2010/10/19
    Ⅱ- 2.1 溶存酸素(DO)の測定
    実施日 2010/10/04
    目的 溶存酸素量(DO)および,DOから算出される生物学的酸素要求量(BOD)は,非常に重要な水質汚濁の指標である.本実習でDO測定法の技術取得を目指す.
    実験概要 用意された河川水試料について,ウィンクラー法を用いてDOを測定する.
    原理 結果・考察の項目にまとめて示す.
    手順 使用する試薬および実験手順はテキストに準ずる.
    結果・考察 試料に過マンガン酸カリウム溶液を加えKI溶液でアルカリ性にすると水酸化マンガンの白色沈殿を生じた.白濁した溶液はすぐに褐色に濁った.これは沈殿と試料中のDOが反応して亜マンガン酸の沈殿となったためである.次に硫酸を加えると沈殿が溶解し,溶液は黄褐色になった.このときDOと当量のヨウ素が遊離する.遊離したヨウ素をチオ硫酸ナトリウム水溶液で滴定したところ,0.005mol/Lチオ硫酸ナトリウム溶液を4.90mL要した.以下に示す過程によりDOを求めると,8.03mg/Lであった. 反応式から,反応に要したチオ硫..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。