基礎実習レポート12

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数319
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  
    1-12 コンピューターグラフィックスによる
    薬物―受容体の相互作用様式の検討
     実験実施 2010/5/26
     提出2010/06/02
    Ⅰ.目的
     分子力場計算を用いて薬剤分子のコンフォメーション解析を行い、分子設計の基礎となる分子のコンフォメーションについて理解する。また、コンピューターグラフィックスを利用して、薬剤分子の標的となるタンパク質の3次元立体構造を把握し、それらの機能や薬物との相互作用を原子レベルで理解する。
    Ⅱ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験と結果
     配布されたマニュアルに従って以下の操作を行った。
     <実験操作1>
    Deoxycytidine分子の組み立てを行った。
    コンフォメーション計算を行った。 コンフォメーション計算の結果、最安定コンフォーマーのエネルギー値は-55.8066528(kcal/mol)であった。またこの時のDeoxycytidineのグリコシド結合のねじれ角は-165.548840であった。
    結果の考察を行った。 
    <実験操作2>
    HIVプロテアーゼ分子を表示した。
    二次構造を構成する残基を調べ、HIVプロテアーゼ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。