基礎実習レポート11

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数584
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  1-11 タンパク質と薬物の相互作用
     実験実施 2010/05/22
     提出 2010/05/26
    Ⅰ.目的と概要
     薬物は生体内に取り込まれると、多くの場合、アルブミンなどの血清タンパク質に結合し輸送される。この結合の様子をin vitroで観察することを目的とする。
    Ⅱ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験手順
    テキストに準ずる。ただし330μMのBSA溶液とリン酸緩衝液を混合して、35μM、45μM、70μM、140μMのBSA溶液を調製した。また、リン酸緩衝液のみを入れたものを0μM のBSA溶液として測定に用いた。
    Ⅳ.結果
     試料にHABAを入れて測定した吸光度とメタノールの吸光度の測定値(各濃度につき3)の操作を繰り返して5回分)を【表1】に示す。ただしHABA濃度は以下の式によって求めた。この結果を用いて、HABAとメタノールの吸光度差を求め【表2】に示した。また、この表2において、BSA濃度が0μMの吸光度はHABAの影響を反映せず、BSAそのものの波長482nmにおける吸光度であるため、各BSA濃度からBSA濃度0μMの吸光度を引いた値を【表3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。