基礎実習レポート10

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数371
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  1-10 酸-塩基平衡:熱力学的変量の決定
     実験実施 2010/05/21
     提出 2010/05/26
    Ⅰ.目的と概要
    Glycyl-L-tyrosineのフェノール性水酸基の解離における平衡定数を吸収スペクトル測定により求める。さらに、得られた平衡定数を用いて、解離に伴う標準自由エネルギーの変化量を算出する。
    Ⅱ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験手順と結果
    pHメータと調節した。水溶液の温度を測定したところ23.3℃であった。
    最終濃度約4.0mol/Lの溶液100mLに調製された溶液のpHを量ったところpH=5.97であった。ただしこの溶液にはKCl溶液をKCl濃度が0.15mol/Lとなるように添加してある。
    上記試料およびNaOHのビュレットを用いる添加によりpHを変化させたもの(pH=7.01,8.03,9.15,10.03,10.99,11.96,12.95)についてそれぞれ270-300nmの波長領域での吸光度を適当な波長幅で測定した。この結果とpH調製のために用いたNaOHの添加量を【表1】に示す。またこの測定した吸光度ODobsはNaOHの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。