基礎実習レポート9

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数343
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  1-9 凝固点降下による分子会合の決定
     実験実施 2010/05/20
     提出 2010/05/26
    Ⅰ.目的と概要
     分子量決定法の1つである凝固点降下の実験を行い、分子の会合様式の検討を行う。蒸発、汚染などによる実験誤差を如何に除くかなど、緻密な実験の遂行技法を会得する。
    Ⅱ.原理
     結果の項目で一括して触れることにする。
    Ⅲ.実験手順と結果
    テキストに準ずる。ただし、一回目はナフタレンを加えずに測定を行い、ナフタレンを0.4002g、0.4000g、0.1998g加えた場合についてそれぞれ一回ずつ測定を行った。順に一回目、二回目、三回目、四回目として結果を【表1】に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。