基礎実習レポート7

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数838
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  
    1-7錯体の組成比決定と核酸のらせん構造形成
     実験実施 2010/5/12
     提出2010/05/19
    Ⅰ.目的と概要
     ABnの複合体(錯体)が形成する場合、AとBの混合比を1:nにすれば生成量が最大になる。混合比を変化させて組成比nを決定する方法が連続変化法で、分光光度計の場合は“Jobの連続変化法”と呼ぶ。ここでは錯体化学の実験課題として、錯体種の組成と物理化学的性質の決定、および核酸の水溶液中での構造情報を得る。
    Ⅱ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験手順
    テキストに準ずる。ただし、テキストの手順4)において、二時間放置すると指示があるところを、一時間に時間短縮した。また試料溶液は、あらかじめテキストに準じて調製されたものを用いた。
    Ⅳ.結果
    実験1:連続変化法によるCO3+-EDTA錯体の組成決定における吸光度の測定値とグラフをそれぞれ【表1】、【グラフ1】として示す。ただし、mol分率0.5における吸光度は正しく測定されなかったと考えられるため、グラフを書く際には採択しなかった。【表1】エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム液と塩化コバルト液の混合液の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。