基礎実習レポート6

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数278
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  
    1-6 凝集沈殿法による水溶液中の金属の除去
     実験実施2010/05/13
     提出 2010/05/19
    Ⅰ.目的と概要
     PETなどの診断法の進歩に伴い、放射性医薬品の使用が、今後増加すると見込まれる状況において、放射化学は薬学の基礎として今後重要な科目となっている。実際に、RIを用いた実習が難しいため、non-RIでの実験により、非密封RIの取り扱いの基礎である凝集沈殿法を学ぶ。
    Ⅱ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験手順
    ピペットマンを用いて亜鉛を含むサンプル溶液0.500mLを試験管にとり、サンプル1とした。ビーカーに用意されたサンプル溶液100mLに、硫酸鉄(Ⅲ)アンモニウム溶液および塩化バリウム溶液を各0.200mLピペットマンで加え、塩化アンモニウムを0.1995g加えて、よくかき混ぜた。これをホットプレート上で、ガラス棒でときどきかき混ぜながら加熱した。少し湯気が出てきたところで、ガラス棒でかき混ぜながらアンモニア水(1:1)をピペットマンで0.500mLずつ1.500mL加え、pHを約9にした。溶液のpHはpH試験紙でチェックした。これを吹き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。