基礎実習レポート4

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数447
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  
    1-4 高速液体クロマトグラフ法(HPLC法)
     実験実施 2010/05/06
     提出2010/5/12
    Ⅰ.目的と概要
     テキストに準ずる。
    Ⅱ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験手順
    試料溶液の調製 市販の医薬品であるガスター(ファモチジン)を①1.0214g、②1.0023g量りとった。これを50mLのメスフラスコにそれぞれ入れ、ホールピペットで超純水20mLを正確に量りこれに加えた。秤量カップに残ったガスターをすべてメタノールで洗いこんだ後、メタノールを加えて正確に50mLとした。ファモチジンを完全に溶かした後、遠心分離を行った。この上澄液5mLをホールピペットで20mLメスフラスコに量りとり、内標準溶液2mLを加えた。移動相を加えて正確に20mLとした。
    システム適合性 あらかじめ測定しておいたHPLCで得られた標準溶液のデータを【表1】に示した。ただし、測定に用いた標準品(100%ファモチジン)の量は0.05013gであった。これをもとにテキストに従って再現性の確認を行った。また、内標準物質のピーク面積(S2)に対するファモチジンのピーク面積(S1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。