基礎実習レポート3

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数883
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート
    1-3 紫外可視吸光光度法:酵素を用いる臨床化学分析
    2010/04/28 実験実施
    2010/05/6 提出
    Ⅰ.目的
     血清中総コレステロールの定量を汎用されている臨床化学分析法により行い、酵素的分析法ならびに紫外可視吸光光度法の基礎概念および操作を習得する。
    Ⅱ.概要
    吸光光度計を設定する。
    コレステロール標準液について吸光光度測定に基づく酵素分析を行い、
    検量線を作成する。
    血清試料について同様にして酵素分析を行い、作成した検量線を用いて血清中総コレステロール値を決定する。
    Ⅲ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅳ.手順
    吸光光度計の設定 試料室、セル数、試薬ブランク補正、セルブランク補正の設定をテキストの指示に従って行った吸光光度計の操作確認を行った。
    検量線の作成 発色試液3.0mLをピペットマンを用いて4本の試験管に取り、37℃で5分間予備加温した。標準液0.01mLおよび精製水0.01mLを3本の試験管(Std-1)に加え、精製水0.02mLを1本の試験管(Blank-1)に加えた。よく振り混ぜた後、37℃で正確に5分間加温した。各々の試験管を氷水で5分間冷..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。