基礎実習レポート2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数760
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  1-2 電位差滴定
    2010/04/23 実験実施
    2010/04/28 提出
    Ⅰ.目的
       滴定終点検出法(第14改定日本薬局方、p62)の一つである電位差滴定に基づく中和滴定(酸塩基滴定)を行うことにより、本滴定法の基本操作ならびにガラス電極を用いるpH測定法(第14改定日本薬局方、p69)を習得する。
    Ⅱ.概要
     1)pHメーターの調整を行った。
     2)前項1-1で調製した容量分析用標準液について電位差滴定した。すなわち0.1mol/L塩酸を0.1mol/L水酸化ナトリウム水溶液によりpHメーターを用いて滴定した。得られる滴定曲線から、0.1mol/L塩酸のファクターを求めた。
     3)pHメーターを用いて、有機酸を含む検液の滴定曲線を作成し、有機酸の濃度およびpKa’を推定した。
    Ⅲ.原理
     テキストに準ずる。
    Ⅳ.実験手順
    pHメーターの調整 指示に従いながらpHメーターの調整を行った。pH=6.89の標準緩衝液とpH=4.00の標準緩衝液を用いて校正を子なった。
    塩酸の滴定曲線の作成 前項1-1で調製した0.1mol/L塩酸20mLをホールピペットを用い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。