基礎実習レポート1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数613
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎実習レポート  1-1酸・塩基滴定
    Ⅰ.目的と概要容量分析用標準液0.1mol/L塩酸(第14改正日本薬局方p.192)と0.1mol/L水酸化ナト
    リウム液(第14改正日本薬局方p.196)の調整ならびに標定を行うとともに、これらの標
    準液を用いて、アスピリン(第14改正日本薬局方p.215)の定量を酸・塩基滴定により行
    い、本定量分析法の基本操作ならびにビュレットの正しい使用法を取得する。
    Ⅱ.原理
      テキストに準ずる。
    Ⅲ.実験手順
     1)0.1mol/L塩酸の調整と標定①調製
        ポリボトルに約500mLのイオン交換水を入れ、それにドラフト内で量り取られた
    塩酸9mLを加えた。次にこのポリボトルの目盛りまで水を入れ全量を約1000mLと
    した。栓をしてよく振り混ぜた。
      ②標定
        乾燥した炭酸ナトリウム(標準試薬)(Na2CO3 105.99)約0.15gを精密に量り、三角フラスコの中で水30mLを加えて溶かし、メチルレッド試液3滴を加え、調製した塩酸でビュレットを用いて標定し、ファクターを計算した。これを3回行いそれぞれのファクターの平均値を求めた。なお反..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。