解剖生理学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,987
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    解剖生理学実習レポート
    テーマ:肺の構造と気管支の走行
    肺の構造と気管支の走行 肺は、肺を直接被う臓側胸膜と胸壁の内面に付着している壁側胸膜という二重の胸膜で被われ、この二つの胸膜は肺門において移行反転している。臓側胸膜と壁側胸膜は上皮細胞、繊維層、リンパ管、血管からなる。臓側胸膜と壁側胸膜で囲まれた部分である胸膜腔は漿液で満たされている。臓側胸膜は肺表面に緩く付着している。肺門に気管支、気管支動脈、気管支静脈、肺動脈、肺静脈が出入りしている。気管支動脈および気管支静脈が肺の栄養血管であり、肺動脈と肺静脈は機能血管である。肺の上端部は肺尖と呼ばれ、肺尖は鎖骨の約2cm上方に突出する。肺の下端部は肺底と呼ばれ、肺底は横隔膜に接する。肺の縦隔面は心臓、縦隔に接し、肋骨面は肋骨に接する。肺は葉間裂で肺葉に分けらる。右肺は後上方から前下方へ斜めに走る斜裂と、前方で水平に走る水平裂で、上葉、中葉、下葉の三洋に分けられる。左肺は後上方から前下方へ走る斜裂で上葉と下葉の二葉に分けられる。右肺は左肺よりも大きく、質量にして約10%右肺のほうが大きい。肺は2~7億個の肺胞からなる。呼吸気管支、肺胞管から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。