佛教大学 2011年度 Z1305 教科教育法地理歴史 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数756
ダウンロード数19
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習指導要領地理Bの内容(3)の「ク 民族・領土問題の地域性」の授業のあり方を、
    あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.50にある「北方領土は誰のもの?」の授業と関連させて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2011年度 Z1305 教科教育法地理歴史 第一設題:学習指導要領地理Bの内容(3)の「ク 民族・領土問題の地域性」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.50にある「北方領土は誰のもの?」の授業と関連させて説明しなさい。
    この資料は佛教大学通信教育部の2011年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    学習指導要領地理Bの内容(3)の「ク 民族・領土問題の地域性」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.50にある
    「北方領土は誰のもの?」の授業と関連させて説明しなさい。
     まず現代における「民族」「領土問題」の捉え方について考える。非常に高度に国際化された現代社会では、人々の移動が活発化し各国において多文化主義や多文化共生をめぐる様々な問題が浮上してきている。各国の間の貧富の差は大きく、それ故に労働を求めて移動する労働..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。