佛教大学 2011年度 R0710 地誌学 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,115
ダウンロード数60
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ合衆国について、自然環境と経済活動を中心とした地誌を作成せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2011年度 R0710 地誌学 第二設題:アメリカ合衆国について、自然環境と経済活動を中心とした地誌を作成せよ。
    この資料は佛教大学通信教育部の2011年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    アメリカ合衆国について、
    自然環境と経済活動を中心とした地誌を作成せよ。
     まずアメリカ合衆国の自然環境について述べる。アメリカは本土、つまりはハワイ州とアラスカ州を除いた部分において東西約4000km、南北約2000kmという広大な面積を持つ。西部には幅約2000kmの巨大な広がりを持つ山地域、東部には幅500km内外の山地域が存在する。これらはそれぞれロッキー山脈、アパラチア山脈に代表される造山活動によって生まれたものであるが、詳しくは後述する。 国の内陸部は南東部のメキシコ湾から北部のカナダ国境、さらにカナダを挟んでアラスカに至るまで広大な低地が延々と続いている。この広い低地となだらかな丘..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。