佛教大学 2011年度 R0708 人文地理学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数293
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    近代以降の日本の農業の地域的変容とその結果として生じた農業問題を簡潔にまとめたうえで、自分の住む都道府県を対象に農業の地域的変容・農業問題について地図や図・表を2枚以上用いて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2011年度 R0708 人文地理学 第一設題:近代以降の日本の農業の地域的変容とその結果として生じた農業問題を簡潔にまとめたうえで、自分の住む都道府県を対象に農業の地域的変容・農業問題について地図や図・表を2枚以上用いて述べなさい。
    この資料は佛教大学通信教育部の2011年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    近代以降の日本の農業の地域的変容とその結果として生じた農業問題を簡潔にまとめたうえで、自分の住む都道府県を対象に農業の地域的変容・農業問題について地図や図・表を2枚以上用いて述べなさい。
     弥生時代に稲作が伝来して以来、日本においては米作を中心とした農業が発達してきた。しかし近代以降、現代に至るまでその様子は変化してきている。ここでは近代以降の農業を江戸時代から順に、地域構造を中心に見ていく。
     戸谷敏之は『徳川時代に於ける農業の諸類型』において農業技術、労働集約度、貨幣経済の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。