佛教大学 2011年度 R0105 日本史 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数529
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度 Q0101 日本の歴史と同じ課題です。

    初期議会から日清戦後にかけての政党について。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2011年度 R0105 日本史 第二設題:初期議会から日清戦後にかけての政党について。
    この資料は佛教大学通信教育部の2011年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    初期議会から日清戦後にかけての政党について。
     明治初期の自由民権運動を背景として国会開設を求める運動が高まり、一八八一(明治一四)年に国会開設の勅諭が出された。この勅諭によって一八九〇年までに国会を開設することが定められ、実際に一八九〇年に初めての国会が開かれる事となった。
    まずは第一議会に先駆けて、一八九〇(明治二三)年に第一回衆議院議員総選挙が行われた。旧自由党系は大同倶楽部、再興自由党派(大同協和会系)、愛国公党系の三派に分かれ、改進党系勢力と争った。そして七月の総選挙では旧自由党系勢力の勝利となった。総選挙直後、立憲自由党が再興され、旧自由党系三派は合同した。第一議会が召集された段階での所属党派別の議員数は、立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。