佛教大学 2011年度 R0105 日本史 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数522
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度 Q0101 日本の歴史と同じ課題です。

    鎌倉幕府と執権政治について。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2011年度 R0105 日本史 第一設題:鎌倉幕府と執権政治について。
    この資料は佛教大学通信教育部の2011年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    鎌倉幕府と執権政治について。
     まずは鎌倉幕府そのものの成立から見ていく。鎌倉幕府の成立時期については、「幕府」の解釈の違いなどにより、いくつかの説が展開されている。
    具体的なものとして以下の六通りを挙げる。(1)一一九二(建久三)年七月…頼朝の征夷大将軍就任時(2)一一九〇(建久元)年十一月…頼朝が右近衛大将に任命された時(3)一一八五(文治元)年十一月…頼朝が守護・地頭の任命権獲得時(4)一一八四(元暦元)年十月…頼朝が公文所・問注所を設置した時(5)一一八三(寿永二)年十月…頼朝が東国支配権を朝廷から承認された時(6)一一八〇(治承四)年十一月…頼朝が侍所を設置し、鎌倉に支配の根拠を構えた時
    まず(1)(2)は語源論的解釈であり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。