佛教大学 2010年度 Z1301 教科教育法宗教1 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数285
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私立学校における宗教教育のあり方について論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2010年度 Z1301 教科教育法宗教1 第二設題:私立学校における宗教教育のあり方について論述せよ。
    この資料は佛教大学通信教育部の2010年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    私立学校における宗教教育のあり方について論述せよ。
    私立学校における宗教教育のあり方について考えるにあたって、まず公立学校と私立学校の違いについて対比的に見ておく。公立学校においては、中には生徒に対してある種の宗教教育が必要だと考えている者も存在するだろうが、日本国憲法に示された所謂「信教の自由」に基づき、特定の宗教教育は禁じられている。その点私立学校においては公的教育機関の側面が強い公立学校とは異なり、入学者は学校の建学の精神、また宗教性を理解した上で入学する。よって、信教の自由を侵害する事にはならない。そしてそのような宗教性を背景とした教育が学校側、また入学者にとっても意義深いものとなっている。
     以..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。