佛教大学 2010年度 Z1301 教科教育法宗教1 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数321
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ゴータマ・ブッダの説法と実践とを宗教教育という視点より論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2010年度 Z1301 教科教育法宗教1 第一設題:ゴータマ・ブッダの説法と実践とを宗教教育という視点より論述せよ。
    この資料は佛教大学通信教育部の2010年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    ゴータマ・ブッダの説法と実践とを
    宗教教育という視点より論述せよ。
    ゴータマ・ブッダとは、仏教の創始者となった人物である。彼は自ら辿り着いた悟りへの過程、実践を、共に修行をした仲間や弟子に説法し、それが仏教の起源となったと言われている。それはある意味では「教育」と呼べるものでもあり、現代の宗教教育に於いても意義深いものである。ここではまずゴータマ・ブッダの行った説法と実践を述べ、その後にゴータマ・ブッダの説法と実践が現代の宗教教育においてどのような意義を持つか、そして宗教教育においてゴータマ・ブッダの説法と実践をどのように活かしうるかを述べていく。
     現代から約2500年前に北インドに生まれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。