佛教大学 2010年度 R0702 仏教史概説 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数346
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    道安、鳩摩羅什、玄奘が中国仏教に果たした役割を、仏教受容の変化と結びつけてまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2010年度 R0702 仏教史概説 第二設題:道安、鳩摩羅什、玄奘が中国仏教に果たした役割を、仏教受容の変化と結びつけてまとめなさい。
    この資料は佛教大学通信教育部の2010年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    道安、鳩摩羅什、玄奘が中国仏教に果たした役割を、
    仏教受容の変化と結びつけてまとめなさい。
     中国仏教は紀元後一世紀には絹の道を通って徐々に中央アジアから伝わって来ていたとされる。しかし伝来してきた仏教はそのまま受容されたわけではなかった。仏教伝来より三国・西晋の時代までは、中国民衆の道教的(儒教的)理解に合わせて理解された。結果として格義仏教的な受容のされ方であったが、当時の中国人の間では現実主義的、形式主義的な思想が浸透していた事から、これは必然と言える。中国では既に道教が信奉されていたため、道教の神秘的虚無主義と仏教の一切皆空の思想の類似性などに基づいて仏教は理解され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。