佛教大学 2010年度 R0702 仏教史概説 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    インド仏教教団の成立とその後の発展過程を、大乗仏教興起の事情とも関係付けながらまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2010年度 R0702 仏教史概説 第一設題:インド仏教教団の成立とその後の発展過程を、大乗仏教興起の事情とも関係付けながらまとめなさい。
    この資料は佛教大学通信教育部の2010年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    インド仏教教団の成立とその後の発展過程を、大乗仏教興起の事情とも関係付けながらまとめなさい。
    まずは仏教の起源となる釈尊、その死後の弟子たちの動き、仏教集団の成立から見ていく。釈尊が四十五年間にわたって説かれた教えは主に出家の弟子達が憶持していた記憶から伝達された。その内容は教法と戒律に分けられたが、これは釈尊の教えを後世に伝え、また実践していく仏教教団にとって重要なものであった。教法は釈尊の入滅後に師から弟子へと伝わる過程で整理され、また説明なども付加され経蔵となる。戒律は弟子達の修行規則を集めたものであるが、弟子達が増えて仏教の教団(僧伽、サンガ)としての規模が大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。