佛教大学 2010年度 R0701 宗教学概論 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数592
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    宗教の起源説の諸相を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2010年度 R0701 宗教学概論 第一設題:宗教の起源説の諸相を述べよ。
    この資料は佛教大学通信教育部の2010年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    宗教の起源説の諸相を述べよ。
     宗教文化の起源について実証的な資料をもって明確に特定する事は、未だになされてはいない。しかし、現存の未開社会や民間信仰の研究によって少なくとも宗教文化の祖型、またその原初形態について窺い知る事が出来、宗教の起源について現代ではそれらの原初形態をめぐる諸議論を整理する形で論じられている。以下、それぞれの原初形態について見ていく。
     まずはイギリスのタイラーが展開した「アニミズム説」がある。アニミズムにおいては、元々原始人の生活観念の中から「アニマ」と呼ばれる霊魂の概念が生まれた。具体的な例を挙げて説明すれば彼らが夢を見た時に、寝た場所とは違う場所を自由に行動する「第二の自己」として考えたのが「アニマ」で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。