佛教大学 2010年度 R0102 浄土学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数282
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    阿弥陀仏とはどのような仏であり、極楽とは何かについて古来の先徳達の受容を踏まえて論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料について
    課題名
    2010年度 R0102 浄土学 第一設題:阿弥陀仏とはどのような仏であり、極楽とは何かについて古来の先徳達の受容を踏まえて論述しなさい。
    この資料は佛教大学通信教育部の2010年度のレポート課題に対して、私なりの理解、解釈に基づいて書いたものです。
    以降この科目を履修される方が、この資料を参考にしてより良い理解の下にレポートを作成出来るよう、参考資料としてこのレポートを提供させて頂きます。
    阿弥陀仏とはどのような仏であり、極楽とは何かについて古来の先徳達の受容を踏まえて論述しなさい。
     まず「阿弥陀仏」と「極楽」の定義などに簡単に触れた上で、先徳達の受容、解釈を交えて概説する。
    「阿弥陀仏」という名称はサンスクリット語の音をそのまま漢字に当てたものであるがサンスクリット経典の中に直接その名を見ることは出来ない。しかし「アミタ」が「無量」という意味であることから、無量の光明と無量の寿命である特性を有する仏であることを示す為に中国語翻訳者が思案して創出したのであろうと考えられている。また『無量寿経』においては、阿弥陀仏は寿命無量、光明無量の仏であるとともに法蔵菩..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。