生徒指導・進路指導の研究(初等)  【テスト】 佛大科目最終試験 6問 85点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,855
ダウンロード数317
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験の生徒指導・進路指導の研究(初等) S0532 の過去問6題の解答です。

    覚えやすいように同じ文言や、簡単な文で構成しています。
    (教育相談の研究と内容が似ていて同じ文章で書ける箇所が多数あります。同時に履修させることをオススメします。)


    試験対策に役立ててください。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開しています。
    資料一覧はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【生徒指導・進路指導の研究 科目最終試験対策】
    いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ。
    <構造と特質>
    いじめは、児童・生徒の問題行動の中でも、潜在化しやすい性向を有している。なぜならば、その事実が被害者側のプライドや周囲のものに心配をかけたくないといった理由や、あるいは、加害者側の罪の意識から隠蔽されるためである。
    子どもがため込んでいる鬱積した感情や異質性を嫌う傾向などがその原因として考えられており、最近のいじめの特徴としては、
    いじめの可視性の低下(主観化、偽装化、正当化、情報の遮断など)
    立場の入れ替わり(いじめの強要、被害者・加害者の立場の流動性)
    スティグマ(烙印)の拡大(弱点のみならずまじめ・好成績のものにも)
    集合化(複数のリーダー、不特定多数の観衆、見て見ぬふり)
    歯止めの消失(子どもの共感能力の低下、仲裁者の不在)
    いじめと非行の接点があいまい(暴行、恐喝、窃盗)
    があげられている。
    <具体的な指導方法>
    教員の役割として、まずいじめを起こさせないこと、深刻化させないことが求められる。そのためには、教員は児童・生徒と適切な関係を作っておくこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。