人権(同和)教育 【レポート】 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数3,249
ダウンロード数109
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    人権(同和)教育 レポートです。(A評価)

    この資料は、レポート作成の参考として役立頂きたく存じます。
    ※わかりやすく論じています。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。』
     同和教育とは同和問題を解決するための教育の営みであり、部落解放運動や同和行政がこれに当たる。これらの活動がお互いに密接に関連しながら「同和教育」の解決を目指して取り組まれた結果、解決に向けた一定の成果が生まれた。
    歴史的な背景により、部落差別を受けていた人たちは、「貧困」の状態に置かれたまま放置されたこと、居住の面でも「劣悪な環境」を余儀なくされていたこと、その結果として子どもたちに十分な教育を受けさせることが出来ず、「貧困」「劣悪な環境」から抜け出せないという、いわゆる「差別の悪循環」の中にいた。よって、『同和地区』の子どもたちの教育権を保障すること」という課題の克服は国の責務であり、同時に国民的課題であると言える。
    そこで、戦後50年に及ぶ同和教育史について概略を述べたい。
     1951年に京都市で「オールロマンス事件」が起こったが、この事件及びその後の闘いでは、「差別とは観念の亡霊ではなく、具体的な部落の生活の中にあること」を明らかにしたという意味で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。